抵当権とは?

抵当権(ていとうけん)とは、担保物権の一つ。不動産などを対象とするもので、抵当権がつけられた場合、抵当権者は債務者又は第3者が占有を移転しないで債務の担保に供した不動産について、他の債権者に先だって債権弁済を受ける権利を有します。

 

抵当権は「非占有型」の担保物権であるため、抵当権が設定されても担保となっている物件を債権者に引き渡す必要はありません。

 

住宅ローンや不動産担保ローンなどの時に利用されることが多いです。
債権者(銀行など)は債務者の不動産などに「抵当権」を設定します。また、その旨の登記(抵当権設定登記)を行います。

 

こうすることで、万が一、債務者がローンなどの返済ができない場合であっても、債権者は登記された物件を競売する(抵当権の実行)などして得られた売却資金を他の債権者に優先して受け取ることができます。

 

ちなみに、抵当権は複数設定することができますが、登記された順番によって優先順位が付きます。順番に「1番抵当権」「2番抵当権」「3番抵当権」といった形になります。

 


スポンサーリンク

より理解を深めるためのおすすめサイト、ページ

借金の「担保」とは何か?