多重債務とは?

多重債務(たじゅうさいむ)とは、単純にいえば、複数の金融機関から融資(ローン)を組んでいる状態を指します。ただし、意味合いとしては、すでに自分の返済能力を超過しており、その結果として借金返済のための借金がひつようになっているという状態を指すことが多いです。

 

借金(ローン)は当然ですが、利息が付加されます。利息の上限についてはグレーゾーン金利の撤廃などで多少下がったものの、それでも10%を超える利率がかかるのが一般的です(参考:利息制限法と上限金利

 

利息はほおっておくと雪だるま式に増加していきます。利息計算は「複利」といって利息に対しても利息がかかるようになっています。そのため、ローン残高が増えれば増えるほど借金が膨らんでいきます。

 

良い借金、悪い借金」で説明している通り、フリーキャッシュフローがマイナスの状態で生活費のためなどに利息の高いローンを組むと多重債務者へまっしぐらです。
そういう方は「公的融資制度」などが利用できる可能性もありますので、生活苦が原因であれば、まずは公的な機関に相談するようにしましょう。

 


スポンサーリンク

より理解を深めるためのおすすめサイト、ページ

特になし。