総量規制(そうりょうきせい)とは?

総量規制とは、個人の借金総額が年収等の1/3以内となるように制限される仕組みのこと。貸金業法によって指定されています。年収が300万円なら100万円まで、年収600万円なら200万円が消費者金融やカードローンを利用できる上限額となります。

 

この総量規制は2010年6月から適用されており、この総量規制の影響でキャッシングやカードローンを利用する場合には下記のような制限や書類提出が求められます。

 

・1社あたり50万円を超える借入(融資枠)を受け取る場合には収入証明書類が必要
・複数社での借入枠合計が100万円を超える場合も同様

 

また、貸金業者は個人が総量規制の対象とならないか、随時他社の借入残高を信用情報機関を通じて確認することが求められています。

 

この規制は貸金業者に対する指定となっているので、貸金業者ではない銀行などの融資は無関係となる。「銀行カードローンと消費者金融の違い」で説明した、銀行自身がカードローン事業を行うようになったのはこの規制の影響も大きいと考えられます。


スポンサーリンク

より理解を深めるためのおすすめサイト、ページ

・融資における審査項目にはどのようなものがあるのか?