質権とは?

質権(しちけん)とは、債権の担保として質権設定者(債務者や第三者)から受け取ったものを質権者(債権者)が占有し、その占有物を担保として、優先的に弁済を受けることができる権利を指します。目的としては「抵当権」と同じですが、質権は占有することが条件となっています。

 

たとえば、借金の担保として価値のあるもの(宝飾品や自動車など)を受け取り、占有する(自分の手元に置き管理する)形になります。万が一、債務者が借金を返済できない場合、債権者はその占有物について他の債権者を差し置いて優先的に弁済を受けることができるといったものです。

 

質権と抵当権の違い

大きな違いは「占有の有無」です。質権は債権者が占有することが条件となっています。
そのため、債務者(借り手)が使い続けることはできません。

 


スポンサーリンク

より理解を深めるためのおすすめサイト、ページ

借金の「担保」とは何か?