お金を借りる前に読むサイト>困った時の借金整理

困った時の借金整理の種類と特徴

どうしても家計が改善しない。見直しを行っても悪くなる一方で改善の見込みがない。こんな場合には法的な借金整理を行うというのも手段です。法的整理というと「自己破産」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、それよりもハードルが低い借金整理の方法もたくさんあります。

下手に自転車操業を続けて傷口を悪化させるよりも、自分の力だけでの解決が難しいとわかった時には、一度その債務自体の見直しをしてみるのも一つです。


スポンサーリンク

どうしても返済ができない時はどうする?

お金は借りているけれども、事情によって返済ができないということも少なくないかと思います。そうした場合、どうしたらいいのでしょうか?
新たに借金をして返済する」というのは愚の骨頂であるということ。返済できる見込みがないのに借金をするというのは問題を先送りしてさらに大きくしてしまうだけです。

 

借りている相手がだれなのか?友人なのか?消費者金融(カードローン・無担保ローン)なのか?それとも住宅ローンなのか?などによって取るべき対応は変わってきます。

 

そうした時は「まず、相談する」ことです。どうしたら返済できるのか?それを話し合う場を作るべきです。交渉は双方の利害を調整することです。月3万円の返済が無理なら月2万円にするという方法だってあるでしょう。

 

極端な話ですが、まっとうな金融業者からお金を借りており、自分自身に財産が無い場合、取り立てようがないのです。もちろん、貯金やその他資産があれば別ですし、給料からの差し押さえなども最大で1/4(控除後の金額が44万円以下の場合)までしかできません。

 

どうしても返済が約束通りできなくなった、という場合にはそれを極端に恐れすぎるのではなく、返せる範囲で返せるように努力するという方向にシフトチェンジするべきです。
本ページの最後でも紹介しますが、「法テラス」のように無料で相談できる公的な法律相談サービスもあります。

 

 

借金整理の方法と特徴

借金整理といっても方法は一つではありません。業者間とだけで話し合える任意整理から裁判所を交えた特定調停、個人再生、最終手段としての自己破産まで様々な方法があります。

いずれを選択するべきかについては状況によっても変わりますし、何が有効なのかも違います。

 

  1. 任意整理
    債権者(貸し手)と債務者(借り手)とが話し合って返済方法や返済額などについて交渉をして、返済が可能な形の条件で合意を目指すための手続きとなります。弁護士や司法書士などに依頼する形でも交渉できます。
  2. 特定調停
    債務者の経済的な再生のために行われる民事調停。任意整理とは異なり裁判所が間に入って返済が滞りがちな借主との間で条件の変更も含めた話し合いを行うことを指します。破産せずに返済を軽減できる制度の一つです。
  3. 個人再生
    再生計画案を作成し、今後の収入で可能な返済プランを作ります。それが認められれば残りの債務は免除されます。持家がある場合、住宅を手放さなくても良く、一定の資産を残しつつ経済的な再生を目指す手段です。
  4. 自己破産
    借金整理における最終的な手段です。破産宣告を受けて破産者となって、免責をうけて債務(借金)を免除してもらうことになります。一定の財産以外、すべての財産を失うことになります。

 

借金整理・債務整理の相談

借金の整理については、自分ひとりで悩むべきではありません。
借金というものは解決できる問題です。

 

借りたお金は返すというのが約束ではありますが、返せないものは返せないというのもいまの状況のはずです。返済する意思はあるけれども、今は返済できないという状況を相手にも理解してもらい、どのようにして返済していくのかのプランを立てることが大切です。

 

弁護士などの専門家はそうした借金整理や債務整理の相談に乗ってくれます。

法テラス(日本司法支援センター)」などでは債務整理に関する弁護士による相談も受け付けています。借金問題は一人で悩むべきではありません。

 

 

スポンサーリンク