生活福祉資金貸付制度の審査やメリット、デメリット

お金が足りなくても困窮している世帯が自立できるようにサポートする支援制度です。社会福祉協議会が運用しています。この生活福祉資金貸付制度の内「総合支援資金」というサポートが利用できます。金利は0~1.5%と非常に低金利。このほかにも様々な貸付制度が用意されています。


スポンサーリンク

生活福祉資金貸付制度の制度概要

生活福祉資金貸付制度は、都道府県社会福祉協議会が実施する公的融資・支援制度です。必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)の方や障害者世帯、高齢者世帯などを対象に必要な資金を融資してくれる制度となっています。

 

基本的には生活支援のための制度となります。そのため、他の債務の借り換えなどの目的には利用できません。また、該当する都道府県に住まいがあることが条件となります。
失業等の理由で住居を失っている場合には「住宅支援給付」を先に受けて住まいを確保する必要があります。

 

貸付制度の種類

生活福祉資金貸付制度では目的や用途によっていくつかの貸付制度があります。それぞれの世帯の状況によって利用できる貸付は異なります。

 

  1. ①福祉資金貸付
    低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯に無利息or低利で福祉資金、教育支援資金を貸し付けるする制度です。また、低所得者世帯における一時的かつ緊急的な資金需要にこたえるための「緊急小口資金貸付」もあります。
  2. ②教育資支援資金貸付
    低所得者世帯の方の高等学校、大学。専門学校に就学するための費用や入学に際して必要な資金を貸し付けする制度。なお、教育費に関しては「国の教育ローン」のような融資制度も存在しています。
  3. ③総合支援資金貸付
    失業等によって生計維持ができない世帯に対して自立支援のための生活再建支援と資金貸付を行う制度です。生活費用、住宅入居費用、生活再建費用などの貸付となります。住まいが無い方は「住宅支援給付」と同時に活用できます。
  4. ④不動産担保型生活支援資金貸付
    不動産を所有してその不動産に将来にわたって済むことを希望する高齢者に対して不動産を担保として生活資金の貸付を行う制度です。

 

生活福祉資金貸付制度の審査

生活福祉資金貸付制度を利用するに当たっては審査があります。
この制度は基本的に「生活に困窮する人をサポートする制度」です。また、「失業保険」といったその他のセーフティーネットから外れてしまった人をサポートすることが主となっています。

 

ですから、失業状態であれば、まずはハローワークで求職活動をするように指導されますし、し普通に消費者金融が使えて返済が見込めるレベルの生活ができそうな人であればそちらを利用するように指導されることも多いです。
キャッシングや消費者金融で借りれるけど、金利を払うのはバカらしいから利用したいという人向けの制度ではないわけです。

 

また、貸付である以上は返済をしていかないといけないので一定の返済能力についても問われます。他にも複数の借金を抱えている状況ならまずは債務整理をしてから…。という話になってしまいます。つまり、すでに民間のキャッシングや消費者金融等で多額の負債を抱えており、どうしようもないという人が再建のための借り換えとして生活福祉資金貸付制度を利用するというのは許されないのです。。

 

 

このような審査・運用状況であるため、制度趣旨は立派ですが柔軟な運用はできていない公的制度というイメージを持っています(管理人の個人的考えです)

 

生活福祉資金貸付制度の金利

金利は1.5%~3.0%と一般的なキャッシング等の民間融資と比較すると相当安い水準となっています。また、連帯保証人を付けることできるのであれば金利は「無利息(0%)」となります。

このことからわかる通り、本融資制度は救済・セーフティーネットとしての役割を持つ融資制度となっています。

 

生活福祉資金貸付制度の相談先

相談先は、お住まいの社会福祉協議会です。各都道府県にありますので、Google等の検索エンジンで「東京都 社会福祉協議会」と検索したら東京の社協のページが出てくるはずです。
また、社会福祉協議会は各市区町村にもあります。窓口相談はお住まいの市町村でも受けられますのでまずは相談してください。また、地域の民生委員の方に相談するという方法もあります。

 

流れとしては下記のようになります。

 

  1. ①地域の社会福祉協議会に相談
  2. ②申し込み(必要書類の提出)
  3. ③貸付審査(民生委員、社会福祉協議会による調査)
  4. ④通知(承認 or 非認)
  5. ⑤契約、振込(指定金融機関)

審査等は厳しいと言われる制度ですが、条件を満たせそうであればまず相談してみましょう。

 

 

スポンサーリンク