お金を借りる前に読むサイト>公的融資・貸付制度・公的支援を活用する

公的融資・貸付制度・公的支援を活用する

どうしてもお金が必要な時にまず活用したいのが公的な融資制度です。一時的にお金が必要という場合でも利用できるケースがあります。キャッシングやカードローンのように金利が高いサービスをわざわざ使わないで済む可能性があります。

まずは、自分に公的な支援制度を使うことができないかどうかを調査してみましょう。もしかしたら意外な突破口が見つかるかもしれませんよ。


スポンサーリンク

公的融資制度・公的支援制度の種類と特徴

下記は、公的な融資制度・公的支援制度です。状況に応じてさまざまな経済的支援を受けることができます。いずれもの制度においても「なるべく早く相談すること」が肝心です。
最終的に息詰まる前にぜひ相談するようにしましょう

 

  1. 生活福祉資金貸付制度(生活費などに困っている世帯向け)
    お金が足りなくても困窮している世帯が自立できるようにサポートする支援制度です。社会福祉協議会が運用しています。この生活福祉資金貸付制度の内「総合支援資金」というサポートが利用できます。金利は0~1.5%と非常に低金利。このほかにも様々な貸付制度が用意されています。
  2. 住宅支援給付(すまいが無い、住まいを失いそうな方向け)
    離職者であって働く能力・意欲がある方で住宅を喪失している喪失の恐れがある人を対象に住宅確保を行うための給付制度です。自治体とハローワークによる就職支援を受けながら自治体から賃貸住宅の家賃のための支給を受けることができます。
  3. 求職者支援制度(職業訓練受講給付金)(仕事が無く経済的に苦しい方向け)
    厚生労働省が行う支援制度。雇用保険を受給できない人向けにスキルを身につけるための講座を無料で受講できる上、収入が少ない人は月額10万円と交通費を受け取ることができます。これは支援制度であり貸し付けではないので返済する必要はありません。
  4. 年金担保貸付制度(高齢者の方で一時的な資金需要がある方向け)
    年金を受給している方が利用できる制度で、年金を担保にお金を借りることができる「唯一」の制度です。金利は1.6%。年金生活でまとまった資金が必要な場合などに利用できます。年金を担保にできるのはこの制度のみ。他の民間のサービスは違法です。
  5. 国の教育ローン(教育費の支払いが困難な方向け)
    教育一般貸付という公的融資。日本政策金融公庫が実施する教育ローンで子供の人数に応じた年間収入の上限以下の人が利用できます。一般的には子供の大学進学に合わせて利用するケースが多い融資制度です。
  6. 生活保護
    最後のライフラインといえるのが生活保護です。あらゆる手をつかっても生活が最低水準以下となる場合に利用できます。ただし、他の借り入れがある場合は利用できません。まずはそれらを先に片づける必要があります(法的整理等)。

 

以上が主だった公的な融資制度・貸付制度、支援制度となります。一般の方で生活の困窮が原因の借り入れでしたら「生活福祉資金貸付制度」「求職者支援制度」あたりが利用できる可能性があります。

 

こうした公的支援の対象ではないという場合はやはり民間の融資制度を利用する必要があります。民間融資というとすぐに「キャッシング」などと思われるかもしれませんが、それ以外にも色々な方法があります。驚くほど低金利で借りれる物だってあります。

 

いずれにしても必要であれば上手に活用したいところです。
こうした公的融資や公的支援が利用できないという場合で、やっぱりお金が足りないという場合には「民間融資」を利用することになります。

 

 

スポンサーリンク