お金を借りる前に読むサイトマイホームと住宅ローンの賢い借り方>住宅ローンの返済期間は何年くらいがベスト?

住宅ローンの返済期間は何年くらいがベスト?

住宅ローンは多くの場合最長で35年という期間を組むことができます。当然返済期間を長くすれば月々の返済額は小さくなるものの、より長くお金を借りることになるので利息の負担が大きくなります。返済期間はどのくらいの期間を見ればよいのでしょうか?


スポンサーリンク

お勧めは「長く借りて」「短く返す」

借金の返済は短期間であるほど、より利息の支払いが少なくて済みます。
ですから、損得を考えるのであれば可能な限り短期間で返済するというのが合理的です。

 

しかしながら、もう一方で考えておきたいのが「返済できなくなるリスク」です。
数千万円という多額の借金をする住宅ローンですから、短期間で返済しようと思うと月々の返済額もまた高額化します。

 

借金の利息負担をするくなくするために短期間での返済プランを最初から組んでしまうと、万が一想定外の事態(収入の大幅ダウン、予想外の出費の発生)などによって家計が行き詰ってしまうリスクが高まります。

 

そのようなリスクを考えると、「長く借りて短く返す」という戦略が有効になります。

 

では、「長く借りて短く返す」というのはどういうことなのでしょうか?

 

長期のローンを組み、繰上返済で早期完済を目指す

たとえば一般の銀行の住宅ローンで組める最長の返済期間は35年間です。
まずはその35年でローンを組んでおきます。そうして月々の基本となる返済額は抑えておきます。その上で、毎月の支払いに加えて「繰上返済」と呼ばれる予定外の返済を行うのです。

 

一昔前までは繰上返済をするには100万円以上でかつ繰上返済手数料が必要といった住宅ローンが多かったのですが、近年はネットからの申込なら繰上返済手数料は無料、また1円単位からの繰上返済もOK!というところが増えています。

 

こうした繰上返済を活用しながら計画を立てておくと、万が一の時のリスク回避につながります。

 

 

スポンサーリンク