お金を借りる前に読むサイト>マイホームと住宅ローンの賢い借り方

マイホームと住宅ローンの賢い借り方

おそらく、一般の方がお金を借りるという場合で、もっとも金額が大きくなるものが「住宅ローン」ではないでしょうか?住宅ローンというと数千万円単位のお金を借りて、それを30年近い長期間にわたって返済するものです。住宅ローンについて知っておくべきポイントなどを紹介していきます。


スポンサーリンク

無計画な住宅ローンは自己破産へとつながることも

「借金」に対しては強いアレルギーがある人でも、住宅ローンとなると途端に問題を感じないという方も多いようです。しかしながら、住宅ローンは数千万円というお金を借りる「借金」であるということをまず認識しておく必要があります。

 

昔と違い、近年は住宅ローンが銀行にとって重要な収益源となりつつあり、銀行間の競争も激しさを増しています。そうした中、金利競争や審査ハードルの引き下げなどによってより「借り安い」環境になっています。

ところが、無計画に住宅ローンを組むと将来、返済が困難になりせっかくのマイホームを手放すという羽目に陥る人も増えています。しっかりとしたローンについての知識を磨き、準備をして住宅ローンを利用するようにしましょう。

 

  1. 住宅のセールスマンへ住宅ローンについて相談するのは間違い
    実際、住宅ローンを組んだ方の大多数はローンについての相談を住宅会社(ハウスメーカーや不動産屋さん)などにしていると言われています。こうしたハウスメーカーなどの営業は基本的に「商品(住宅)を売る側」です。そのため、ローンアドバイスも「販売」が前提になってくるため、アドバイスにバイアスがかかります。
  2. 住宅ローンの頭金ゼロはハイリスク。最低2割は準備しよう
    最近は銀行間の住宅ローン競争が激しくなり、貸出審査がやや緩くなっているようです。昔は頭金を入れることは「常識」でしたが、最近では頭金ゼロのフルローンができる銀行も増えました。でもそれって本当に大丈夫なのでしょうか?最低でも2割という頭金にはちゃんとした合理性があるのです。
  3. 住宅ローンの返済期間は何年くらいがベスト?
    住宅ローンは多くの場合最長で35年という期間を組むことができます。当然返済期間を長くすれば月々の返済額は小さくなるものの、より長くお金を借りることになるので利息の負担が大きくなります。返済期間はどのくらいの期間を見ればよいのでしょうか?
  4. 住宅ローンは近所の銀行とネット銀行のどちらで借りるのがいいの?
    住宅ローンを借りる場合、近所に店舗がある地銀や都銀などを選ぶべきなのか?それとも金利が安いと言われるようなネット銀行を利用する方がいいのでしょうか?ここでは、それぞれの利用におけるメリット、デメリットをまとめます。
  5. 住宅ローンの金利タイプは変動金利と固定金利のどっちがいい?
    住宅ローンを決める時に注目されるのが「金利タイプの選択」ではないでしょうか?一般には金利は安いけどリスクがある変動金利、金利は高いけどリスクが低い固定金利というようにイメージされることが多いかと思います。ここではどちらの金利タイプを選ぶべきかを分かりやすく紹介します。

 

 

スポンサーリンク