車金融・自動車担保融資

自動車を担保にお金を借りるという方法です。よくロードサイドなどに広告看板が設置されているケースも見られますが、悪質なケースも多く注意が必要です。ここでは、車金融・自動車担保融資の特徴や仕組みなどについて詳しく説明していきます。


スポンサーリンク

車金融・自動車担保融資とは何か?

車金融・自動車担保融資は、看板広告などで募集されることが多いタイプの融資です。
「乗ったままで融資」とかいう表現がされることが多いです。

 

不動産担保ローン」のように自動車を担保にしてお金を借りるというタイプのローンになるわけですが、実は危険がいっぱいのローンです。

融資をするという業者にも悪質な業者も多いのが現状です。

 

最悪のケースでは、わずかな融資で車を失う羽目になるというケースも少なくありません。
価値がある自動車を保有されており、資金面でかなり困っているというのであれば素直に「売却」も視野に入れて動いた方が得策となる可能性もあるという点をまずは認識しておいてください。

 

車金融・自動車担保融資の種類

大きく二つに分けることができます。「レンタル型」と「保管型」です。
レンタル型というのは、名義を一旦、金融会社に移しその会社からリースなどの形で借りるという方法をとります。

保管型は自動車を完全に業者に預けるというかっちになります。

 

どちらのパターンでも返済が遅れると「自動車(担保)をとられてしまう」というケースが多いというのが特徴です。猶予も無しに、「はい、さようならー」となることが多いんでね。

 

 

スポンサーリンク