お金を借りる前に読むサイト民間融資融資における「審査内容」とは? >返済実績は信頼の証「クレヒス」とは何か?

返済実績は信頼の証「クレヒス」とは何か?

融資に関して重要なのは「この人は信頼できる」と思ってもらうことです。じゃあ、どうやって信頼してもらうのか?それはきちんと借りたものを期限通りに返済し続けることなのです。

「クレヒス」という言葉があります。これは「クレジット・ヒストリー」の略なのですが、これは過去に返済してきた履歴という意味になります。


スポンサーリンク

クレヒスとは何か?

クレヒス(クレジット・ヒストリー)は過去の金融取引における返済の履歴です。
クレジットカード、キャッシング、カードローンなどで「ちゃんと返済が行われたのかという記録」となります。

 

融資の審査項目」のところで「返済資質」と書きましたが、このクレヒスが返済資質を証明する材料となるわけです。

 

クレヒスはどのように使われる?活用される?

クレヒスは大きく2つのデータがあります。

一つは「各金融機関が独自に集計している情報」、もう一つは法律に基づいて共有される「個人信用情報機関に登録されている情報」です。

各金融機関が独自に集計している情報

当然ですが、各金融機関が自社の顧客に対して様々な情報を収集しています。顧客の返済状況や利用状況などから、顧客の属性などを判断しています。
得意客と判断されれば、利用限度額が上がるなどより手厚い対応をしてくれるでしょう。逆に、利用が悪かったり、悪質と判断されたりすれば解約などの処分を受ける可能性があります。

個人信用情報機関に登録されている情報

「個人信用情報機関」という組織があります。これは法に基づいて個人の金融取引情報を集めており、会員となっている金融機関はこの情報を参照できます。
全部の情報が共有されるわけではありませんが、利用されていることや返済がしっかり行われていること、返済に滞りがあったことなどが分かるようになっています。

 

特にカードローンやキャッシングなど融資の申し込みをするときにチェックされるのは個人信用情報機関における「事故情報」と呼ばれる情報です。
これは要するに「返済に滞りがあった」という履歴です。これがいわゆる「ブラック情報・ブラックリスト」などと呼ばれる情報です。
この事故情報があるとほぼ融資審査は落とされることになります。

 

 

クレヒスの積み上げで融資額や条件は良くなる

利用実績というのは金融機関にとってはその人が信用できるかどうかを把握する一番の材料ともいわれています。

最近では融資可能枠が最大500万円を超えるようなキャッシング・カードローンもあるようですが、こうした最大融資額はパッと提示されるものではありません。
審査における「属性」が重要なのはもちろん、過去の利用実績があってこそ出されるものなのです。ですから、しっかりとした返済を続けることは将来の借り入れを有利にするということの裏返しでもあるわけです。

 

お金を借りたならしっかりと期限内に返済する。これを続けることが良好なクレヒスを積むためのたった一つの方法なのです。

 

信用は崩れやすいものと知る

クレヒスを積み上げていけば信頼を得ることができます。
ただし、そうした信頼は一回のミス(遅延)で崩れていくものです。

信用を積み上げるのは大変だが、崩すのは一瞬です。長いこと使っているから1回くらい遅延してもいいだろうという考えは危険です。

 

また、こうした返済履歴に関する情報は金融機関の間で「共有」されていることもしっかり理解しておきましょう。

 

スポンサーリンク