お金を借りる前に読むサイト民間融資>利用目的が合致するなら「目的別ローン」が圧倒的に有利

利用目的が合致するなら「目的別ローン」が圧倒的に有利

銀行のカードローンや目的別ローン、消費者金融、クレジットカードのカードキャッシングなどお金を借りる方法は様々ですが、そうした融資間での金利水準にはかなりの違いがあります。
特に、利用目的(資金使途)が決まっている「目的別ローン」は金利などの条件面が有利になっているので合致するのであればぜひ活用しましょう。


スポンサーリンク

目的別ローンとは何か?

目的別ローンとは、特定の目的のために利用するローンのことです。
一般的には「銀行融資」の一種で、特定の資金使途の元で実行される融資です。

 

・住宅ローン (住宅購入資金のためのローン)
・セカンドハウスローン (別荘購入のためのローン)
・マイカーローン(自動車ローン)
・教育ローン (教育資金のためのローン)
・ブライダルローン (結婚資金用用のローン)
・レジャーローン (旅行費用のローン)


など様々な種類があります(用意されている目的別のローンは銀行によって異なります)。
こうした目的別ローンの大きな魅力は、資金使途が自由なカードローンやキャッシングなどいわゆる「フリーローン」と比べて金利が割安に設定されていることが挙げられます。

 

理由はこうした目的別ローンはしっかりとした理由や担保のもとで借りられることが多いというのが一つです。また、住宅ローンやマイカーローンに関しては担保を取れるというのも大きいですね。

 

条件は限られますが、こうした目的別のローンが利用できるのであればそういったものをつかうことをお勧めします。ぜひご活用ください。

 

 

スポンサーリンク