お金を借りる前に読むサイト民間融資>身近な資金調達方法

身近な資金調達方法を考えてみよう

お金が必要。そんな時にカードローンやキャッシングなどを利用しなくても資金調達できるかもしれません。まずはそうした資金調達手段が利用できないかを一度探してみましょう。


スポンサーリンク

カードローンやキャッシングを検討する前に

お金が必要だけど手元にあるお金じゃあ足りない。
そんな時に頭に浮かぶのはカードローンやキャッシングといった融資サービスかもしれません。しかしながら、もしかしたら身近にお金を準備できる手段があるかもしれません。

まずは身の回りをチェックしてみましょう。

 

  1. 生命保険の契約者貸付
    もし生命保険を契約しているのであれば契約者貸付という制度を利用できないか、調べてみましょう。契約者貸付なら範囲内は無審査で借りられます。もちろん、金利はかかるけどキャッシングやカードローンと比べるとかなり安いです。
  2. 定期預金の解約や定期預金を担保にした借り入れ
    定期預金は実はいつでも解約できます。解約したくないという場合でも、総合口座の定期預金なら預けている分の8割くらいは口座貸越という形で借りることができます。金利が高い時期の定期預金などを解約せずにお金を借りることができます。
  3. 身内・友人・知人から借りる
    どうしても困っているというのであれば頼らないといけない面もあるかもしれませんが、お金の貸し借りは交友関係に影を落とすケースが多く、以後の付き合い方も変わってくるかもしれません。身内だからこそ注意したいものです。

いかがでしょうか?特に生命保険の契約者貸付などは盲点という方も多いかと思います。特に貯蓄性の高い保険(養老保険や終身保険、学資保険など)はある程度解約返戻金も貯まっているはずですので、こうした契約者貸し付けの限度額も大きくなります。

 

昔に契約した予定利率の高い、いわゆるお宝保険もこういった形なら解約せずに資金調達の手段とすることができます。

 

スポンサーリンク