お金を借りる前に読むサイト民間融資銀行カードローンと消費者金融の違い>おすすめの銀行カードローンの選び方と比較

おすすめの銀行カードローンの選び方と比較

銀行カードローンを利用してお金を借りるメリットは、やはりその信頼度の高さが挙げられます。銀行から借りるという安心感は大きなメリットといえます。

また、借り入れの金利も魅力です。銀行カードローンの多くは借入金利の上限が消費者金融と比較すると低く設定されています。金利はお金を借りる料金なので金利が低めの銀行カードローンの方が有利です。


スポンサーリンク

銀行カードローンのメリット、デメリット

銀行のカードローンの大きな強みはやはりその金利水準にあります。

種類 金利
三井住友銀行カードローン 銀行 4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 銀行 1.8%~14.6%
プロミス 消費者金融 4.5%~17.8%
アイフル 消費者金融 4.5%~18.0%

 

中でも特に注目したいのは「上限金利」のところです。カードローンやキャッシング等の金利というのは「消費者金融やカードローンの金利の決まり方」でも説明しましたが、融資可能額(上限額)で決まってきます。

 

そしてこの可能額というのは基本的には借りる人の属性(信用力や勤務先、収入の安定性など)によっても変わってきますが、最初は低めに提示されるのが普通です。

 

消費者金融にしても銀行カードローンにしても大抵のケースでは設定されている金利の「上限」が提示されることが多いです。

 

ということは、最初から提示している上限金利が低いローンを利用するほうが有利ということになりますね。

 

一方で銀行カードローンは「今すぐに必要」というニーズに応えることができません。これは2018年から銀行カードローンは審査時に「警察のデータベースへの照会(反社チェック)」が行われるようになったためです。

このチェックには最短でも翌日となるため、銀行カードローンの申し込み~融資まで最短でも数日は必要になります。

 

急ぐのであれば即日融資が強みの「消費者金融」の方が良いでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク