お金を借りる前に読むサイト民間融資>銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融の違い

最近ではかつては「消費者金融」と呼ばれていたサービスが銀行の1サービスになっています。それとは違い、今でも消費者金融としてサービスを提供しているところもあります。これらの違いはどんなところがあるのでしょうか?


スポンサーリンク

銀行?消費者金融?どちらでお金を借りるのがいいの?

かつて、消費者金融と銀行とではすみわけがありました。

しかしながら、今ではその垣根はほとんどなくなってきています。

 

これまでも、○○銀行系などと呼ばれていたこともありました。
たとえば、アコムは三菱東京UFJ銀行グループの消費者金融サービスです。しかしながら、あくまでもアコムは銀行とは異なる別会社です。

 

たた、近年では銀行自身が消費者金融と同様のカードローンサービスを提供し始めています。たとえば、前述の東京三菱UFJ銀行では、銀行カードローンとして「バンクイック」というサービスを提供しています。
また、かつては消費者金融と言われていたサービスも今では銀行の一部門となっているものもあります。代表的なものとしては「レイク」があります。もともと消費者金融でしたが、現在は新生銀行レイクとして再編されており、新生銀行によるカードローンサービスとなっています。

 

銀行と消費者金融とでは何が違うの?

それぞれの違いをまとめると以下のようになります。

消費者金融 銀行カードローン
金利・利息 銀行カードローンより上限金利はやや高め。 融資対象者の収入、安定性次第では安くなる場合があるが、上限金利は消費者金融と変わらないケースも
融資までの時間 最短即日が多い 少なくとも数日はかかる
審査の難易度 銀行よりは易しく、柔軟 やや厳しい
内緒で借りたい 家族にバレない、勤務先に知られにくい仕組みを採用 ローンカードや借入明細が郵送されたりすることが多く。家族に知られやすい
銀行口座の有無 必要なし 借入をする銀行口座が必要になる場合がある

 

金利だけを考えるのであればやはり銀行カードローンの方が有利です。その一方で、消費者金融の強みは「融資のスピード」「家族にバレずに借りられる」といった点が強いです。

 

お金を借りたい目的や借りるまでの期間なども含めて総合的に考える必要性があります。

 

その人の状況によって、必ずしも「銀行カードローン>消費者金融」という図式は成り立たないというわけです。

 

消費者金融を利用するのがおすすめな人

  1. 今すぐお金が必要な人
    基本的に審査は即日対応しています。自動契約機や提携銀行ATMを利用すれば、土日祝日であってもその日のうちにお金を借りることができるというのは大きなメリットです。
  2. 家族や勤務先にお金を借りることを知られたくない人
    消費者金融の場合、こうしたニーズをよく理解しており、内緒で借りたいというニーズに対応したサービスが豊富です。

>>おすすめの消費者金融の選び方と比較

銀行カードローンを利用するのがおすすめな人

  1. できるだけ低金利でお金を借りたいと考えている人
    お金を借りるのであればなるだけ、低いコスト(低金利)で借りたいという方はやはり銀行カードローンの方がおすすめです。
    クレジットカードのリボ払いからの借り換えのように、すでに何らかの債務がある方で高い金利の借り換えに使いたいというケースも有効です。

>>おすすめの銀行カードローンの選び方と比較

 

 

 

スポンサーリンク