お金を借りる前に読むサイト民間融資>銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融の違い

最近ではかつては「消費者金融」と呼ばれていたサービスが銀行の1サービスになっています。それとは違い、今でも消費者金融としてサービスを提供しているところもあります。これらの違いはどんなところがあるのでしょうか?


スポンサーリンク

銀行?消費者金融?

かつて、消費者金融と銀行とではすみわけがありました。

しかしながら、今ではその垣根はほとんどなくなってきています。

 

これまでも、○○銀行系などと呼ばれていたこともありました。
たとえば、アコムは三菱東京UFJ銀行グループの消費者金融サービスです。しかしながら、あくまでもアコムは銀行とは異なる別会社です。

 

たた、近年では銀行自身が消費者金融と同様のカードローンサービスを提供し始めています。たとえば、前述の東京三菱UFJ銀行では、銀行カードローンとして「バンクイック」というサービスを提供しています。
また、かつては消費者金融と言われていたサービスも今では銀行の一部門となっているものもあります。代表的なものとしては「レイク」があります。もともと消費者金融でしたが、現在は新生銀行レイクとして再編されており、新生銀行によるカードローンサービスとなっています。

 

銀行と消費者金融とでは何が違うの?

最も大きな違いは「総量規制」という規制の対象かそうでないか?という点が挙げられます。

 

個人の借金問題が大きくなった数年前「総量規制」という規制ができました。これは貸金業者(消費者金融など)は年収の1/3を超える貸し付け(限度額設定)をしてはいけないという新ルールです。

 

これによって、年収が300万円の人は最大でも100万円までしかキャッシングが利用できなくなってしまいました。これは総限度額なので、借りている借りていないは別として枠として100万円が上限ということです。

たとえば、利用していないクレジットカードのキャッシング枠を30万円持っている場合、消費者金融からは70万円までしか借りれないということになります。
(総量規制についてもっと詳しく知りたい方は「キャッシングの総量規制とは?」をご参照ください)

 

そこで、乗り出してきたのが銀行です。銀行は「貸金業者」ではないため、総量規制の影響を受けません。そのため、各々の銀行は自行傘下の消費者金融を吸収したりして、○○銀行カードローンという形で提供し始めたわけです。

 

お金を借りるなら銀行?それとも消費者金融?

正直なところ、総量規制を除けば両者における大きな違いはありません。
銀行カードローンも消費者金融も貸し出しにおける金利水準にほとんど差はありません。

 

銀行カードローンの方が貸出上限が大きいことが多いため、高所得者のように属性が良い方にとっては、大きな借入枠を作ることができ、結果的に金利を安くすることができるかもしれませんが、一般の方でしたらほとんど差はないでしょう。
(借入枠と金利の関係については「消費者金融やカードローンの金利の決まり方」で説明しています)

 

 

 

スポンサーリンク