お金を借りる前に読むサイト>民間融資のしくみ、選び方

民間融資のしくみ、選び方

公的融資・支援が利用できない場合でお金がどうしても不足する場合には民間融資を利用することになります。ここでは、民間融資の種類と特徴、実際に金融業者を選ぶ時のポイントなどを分かりやすくまとめていきます。

民間融資も様々です。ぜひ自分に合ったものをえらぶようにしましょう。


スポンサーリンク

民間融資でお金を借りる前に

まずは、民間の金融機関でお金を借りる前にご一読ください。

 

  1. 民間融資でも金利の幅は大きい
    銀行のカードローンや目的別ローン、消費者金融、クレジットカードのカードキャッシングなどお金を借りる方法は様々ですが、そうした融資間での金利水準にはかなりの違いがあります。
  2. 身近な資金調達方法
    お金が必要。そんな時にカードローンやキャッシングなどを利用しなくても資金調達できるかもしれません。まずはそうした資金調達手段が利用できないかを一度探してみましょう。
    >>生命保険の契約者貸付
    >>定期預金の解約や口座貸越
    >>友達・身内から借りる

  3. 融資における「審査内容」とは?
    お金を借りるためには「審査」があります。この審査というのはいったいどういったところをチェックするものなのでしょうか?銀行融資やカードローンなどの融資における審査内容について解説していきます。
    >>融資における審査項目にはどのようなものがあるのか?
    >>返済実績は信頼の証「クレヒス」とは何か?
    >>融資審査における「ブラック」とは何か?
    >>審査が甘い、審査が厳しいとはどういう基準なのか?

  4. 消費者金融やカードローンの金利の決まり方
    消費者金融やカードローンでは金利について幅があるのをご存じでしょうか?3.0%~17%といったようにかなり幅があるケースもあります。このような商品者金融、カードローンにおける金利の決まり方を説明していきます。

 

各種民間融資サービスの比較、賢い活用方法

民間の金融機関が提供している融資サービスの比較、賢い活用方法などをまとめていきます。

 

  1. 担保があるなら有担保ローンが有利
    お金を借りる時「担保」を確保でき提供できるのであれば有担保ローンの方が金利面でも条件面でも有利になります。それだけ貸す側の「リスク」が小さくなるからです。ここでは代表的な有担保ローンと特徴、注意点などをまとめます。
  2. 利用目的が合致するなら「目的別ローン」が圧倒的に有利
    銀行のカードローンや目的別ローン、消費者金融、クレジットカードのカードキャッシングなどお金を借りる方法は様々ですが、そうした融資間での金利水準にはかなりの違いがあります。
  3. 銀行カードローンと消費者金融の違い
    最近ではかつては「消費者金融」と呼ばれていた無担保融資ですが、今では消費者金融と銀行とがそれぞれサービスを提供しています。消費者金融(サラ金)と銀行のカードローンとではどのような違いがあるのでしょうか?最近の状況も踏まえて解説していきます。
  4. 短期利用なら実質金利負担ゼロでお金が借りられる
    ごく短期でお金を借りたいというのであれば、実質金利負担をゼロにして借りることができるサービスがあります。それは一定期間の利息が無利息となるサービスです。期限内に返済すれば負担ゼロで利用できます。
  5. 便利だけど金利は高めのクレジットカードキャッシング
    クレジットカードにショッピング用の枠とは別に「キャッシング枠」というものが設定されていることがあります。これを使えば、いつでも手軽にお金が借りれるのですが、実はこのキャッシング枠、意外と高金利。あまり頻繁に使うべきものではないですね。
  6. 知っておきたい隠れ金利「ATM手数料」を知ろう
    平成24年以降キャッシングサービスの大半がATM手数料の有料化へと踏み切りました。これは返済の時に提携ATMなどを利用するときに手数料がかかるというものです。実質的には隠れ金利となるわけです。

 

 

 

スポンサーリンク