借金の時の担保とは何か?

借金やローンを組む時に「担保(たんぽ)」を求められることがあります。担保というのは債務者(借りた人)がお金を貸せない時に備えて受け取る保証となる財の一つです。ここでは、担保と借金について説明していきます。


スポンサーリンク

担保とは?

担保というのは難しく書くと、「債務の履行を確実とするために権利者(債権者)に提供される事物」です。

 

借金・ローンにおける「債務の履行」というのは「借りたお金を返済すること」です。権利者(債権者)というのはお金を貸している人です。

 

「提供される事物」というのは曖昧な表現ですよね?じゃあ、この提供される事物というものはいったいどのようなものなのでしょうか?

 

大きく「人的担保(じんてきたんぽ)」「物的担保(ぶってきたんぽ)」の二つに分けることができます。

 

人的担保

債務者(お金を借りた人)以外の人の財産を担保とすることです。これを約束するのが「保証人」となります。万が一債務者が借金を返済できない時は保証人となった人が代わりに返済することを約束するものです。
これを「代位弁済(だいいべんさい)」と言います。

なお、保証人については「保証人と連帯保証人の違い。それぞれの特徴、役割、義務」で詳しく説明していますので、こちらもご参照ください。

 

物的担保

物的担保というのは、特定の財産を差し出すことで借金の担保とするものです。代表的なものに「不動産」があります。また、個人向けローンとして「証券担保ローン」のようなものもあり、これは株などの有価証券を担保としてお金を借りることになります。
難しく言うと「抵当権」「質権」「譲渡担保」などがあります。

 

 

担保と金利の関係

一般的に考えて「担保」の存在は貸し手(債権者)にとっては貸したお金を回収できる可能性を高めることができます。

そのため、有担保の借金と無担保の借金とであれば有担保はリスクが低く、無担保はリスクが高いということになります。

 

リスクが高いということはそれだけ、高いリターンを貸し手は求めます。こうしたリスクに対する上乗せを「リスクプレミアム」といいます。
(参考:リスクプレミアムとは何か?

 

そういった意味で、無担保ローンである消費者金融・カードローンなどはどうしてもプレミアムが乗っかる分、金利(利息)は高く設定されてしまいます。

 

もし、借金をする必要がある場合で、担保とできるような物品を持っているような場合にはそうしたローンを活用して借りる方がより安い金利でお金を借りることができます。

 

 

例えば、どんなケースがあるか?
・従業員持株会の株券を担保にお金を借りる(証券担保ローン)
・保有する不動産(自宅・建物など)を担保にお金を借りる(不動産担保ローン)
・保有する自家用車を担保にお金を借りる(車金融・自動車担保融資※1)

 

※1:悪質な業者が多いのでご注意。

 

 

スポンサーリンク