お金を借りる前に読むサイトお金を借りる基礎知識>お金を借りる時の金利の上限

お金を借りる時の金利の上限

お金を借りる時の金利は「利息制限法」という法律によって上限が定められています。この上限を超えた金利については違法となります。ここでは、お金を借りる時に知っておきたい金利の上限について説明していきます。


スポンサーリンク

金利に関する制限

お金を借りる時の金利に関する法律としては「利息制限法」というものがあります。
この利息制限法では、借入額(元本)に応じて一定以下の利息しかかけてはいけないという制限があります。

 

  1. 元本が10万円未満の場合
    ・・・年利20%まで
  2. 元本が10万円以上100万円未満の場合
    ・・・年利18%まで
  3. 元本が100万円以上の場合
    ・・・年利15%まで

現在はこの利息制限法による金利が消費者金融、銀行カードローンなどの借り入れにおける上限基準となっています。

過去にはこれを超え、出資法と利息制限法との間の「グレーゾーン金利」が消費者金融等を中心に使われていましたが、近年ではこのグレーゾーン金利に対して債務者に対して有利な判決(上限を超えていた部分は「過払い金」として戻ってくる判決)が出されています。

 

友人や知人から借りたお金に対する利子・利息

上記と同じで、利息制限法の適用を受けます。
仮に借用書で年50%の利息を支払うと書いていても、その超過分は無効となります(ただし、利息制限法内の金利は有効)。

 

金利を定めずに利息を払うと約束していた場合には「5%」の金利が適用されます。金利の定めがない場合は0%となります。

ただし、返済期限を超過した場合には利息を支払う約束をしていなくても年利5%の利息は支払わなくてはなりません。

 

 

スポンサーリンク