お金を借りる前に読むサイトお金を借りる基礎知識>借りたお金の返済方法の種類と特徴

借りたお金の返済方法の種類と特徴

借りたお金は当然「返済」しなければなりません。この返済方法には大きく「一括返済」「分割返済」「リボ返済」という方法があります。また、利息の扱いについて「元利均等」「元金均等」という方法があります。これらの返済方法によって支払うべき利息や返済金額は変わってきます。


スポンサーリンク

借金返済方法の基本は3種類

まず、借金を返済する方法は「一括」「分割」「リボ」という3種類があります。

 

    一括返済
  1. 所定の期日までに借りたお金と利息の合計(元利金)を支払う方法。
    メリット :利息負担が小さい
    デメリット:一度に返すお金も大きくなる。
  2. 分割返済
    あらかじめ定めた回数で割った金額に利息を上乗せした金額を支払う方法。
    メリット :月々の返済額を小さくすることができる。
    デメリット:返済期間が延びることで利息が増える
  3. リボ返済
    借入金額に関わらず、毎月一定の金額を返済していく方法。
    メリット :返済額を一定にできる為、返済プランを立てやすい
    デメリット:ローン残債(残高)に対する返済額が小さくなり、長期化しやすい

 

それぞれにはメリット、デメリットがあります。
下に行くほど利息負担は大きくなります。具体的な利息(金利)計算については「お金を借りる時にかかる金利の仕組み」などでも説明していますが、借りている期間に対して利息がかかるので、返済(完済)まで長い時間がかかるほど利息が発生します。

 

ちなみに、分割返済もリボ返済もどちらも、分割して借金の返済を行うわけですが、性質は異なります。分割払いは借りた都度で返済回数と金額が固定化されるのに対して、リボ払いはローン総額によって返済額が決まるというものです。

月々の返済額自体はリボ払いの方が小さくなりますが、返済期間はリボの方が長くなりがちで結果的に総負担額は大きくなります。

詳しくは「 分割払い(分割返済)とリボ払い(リボ返済)の違い(外部)」や当サイト内のコラム記事「リボ払いって便利だけど絶対に使うべきじゃない支払い方法」もご参照ください。

 

返済における利息の取り扱い

借金の返済には必ず「金利」が付くことになります。
分割返済やリボ返済の場合、返済においてはこの利息をどのように取り扱うのか?という二つの方法があります。それは「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」の二つです。

 

  1. 元利均等返済方式
    月々の返済金額の「元金部分+利息」を固定して返済していく方法です。毎月の返済額は固定化されますが、返済当初は月々の返済に占める「利息」の割合が大きいのでローン残債が減りにくいという特徴があります。
  2. 元金均等返済方式
    月々の返済金額の「元金部分」を固定してそれに期間に応じた利息をプラスして返済していく方法です。返済当初は利息部分が大きいため月々の返済額が大きく、次第に少なくなっていきます。

たとえば50万円(年率15%)のローンを組んだとします。これを2年(24回)で返済するとしたらどうなるか?

元利均等返済方式:58万1840円
元金均等返済方式:57万8125円

 

最初の返済はきつくても金利を払いたくないなら、元金均等返済方式がお勧め。一方で、中長期のローンで計画的に返済したいなら元利均等返済方式の方が管理しやすいと思います。

 

早く返済をするなら、繰上返済

また、いずれの返済方法を利用している場合であっても、繰り上げてお金を返済するということもできます。これを通常の返済から繰り上げて行うことから「繰上返済(くりあげへんさい)」と呼びます。

ほとんどの借金、ローンでは繰上返済が可能です。繰上返済をすることによってその分、利息などを少なくすることができます。

 

たとえば、50万円の借金を年率15%で借りている場合には1日あたり約205円の利息が発生することになります。1日でも早く返済すればその日数×205円が浮くことになるわけです。これが繰上返済の経済効果です。

 

金利の高いローンを利用しているのであれば、余裕があれば1日でも早く繰上返済をすることをお勧めします。

 

 

スポンサーリンク