お金を借りる前に読むサイトお金を借りる基礎知識良い借金・悪い借金>月々の生活費に困って行う借入・ローンは最悪のパターン

月々の生活費に困って行う借入・ローンは最悪のパターン

すべてのケースであてはまるわけではありませんが、月々の支払いが厳しいなどの理由でお金を借りる(生活費の不足)はお金を借りるよりも、家計を改善するという抜本的な対策が必要です。借入は負担を重くした上で先送りするにすぎません。

 

最初に書きますが、生活費のための借り入れというのはお金を借りる上で最も性質が悪いパターンです。まずは抜本的な家計改善が望まれます。


スポンサーリンク

生活費不足の借り入れは最も危険なパターン

毎月の生活費が不足するからという理由でカードローンでお金を借りたり、クレジットカードのリボ払い(分割払い)で買い物をするというパターン。

 

これはお金を借りるというパターンの中で最も危険なパターンです。
なぜなら、生活費不足というのは何らかの対応をしない限りはずっと問題が継続する(むしろ悪化する)傾向があるためです。

 

逆に一時的にお金が必要なパターンはたとえ一時で大きなお金を借りたとして、家計が黒字であればその黒字分で返済を続けていくことができます。
しかしながら生活費が不足しているという場合、毎月の借り入れは少額であっても赤字が続く限り借り入れをしていかなければなりません。

 

借入をすることで当座をしのぐことはできますが、翌月も借入、その翌月も借入をする必要があります。借入をすることで月々の返済額、利息も大きくなってしまいます。
こうなってくると月々の返済がどんどん大きくなり、家計の赤字は利払いでさらに拡大。

 

雪だるま方式に借金が大きくなって、最終的には自己破産という道を歩むことになる可能性が高いのです。そのため、生活苦で借り入れをする必要があるという場合はまずは「家計の大幅な見直し」を始めることが大切です。

 

 

スポンサーリンク