お金を借りる前に読むサイト>お金を借りる基礎知識

お金を借りる基礎知識

いよいよ明日お金が足りないという状況よりも「前もって」計画を立てて置くことで様々な選択肢が生まれます。また、金額によっては借りなくても家計の改善だけで対応できる場合もあります。ここではお金を借りる上、将来借りる上で絶対に抑えておきたいポイントをまとめます。


スポンサーリンク

お金を借りる上で知っておくべき基本のき

まずは、お金を借りる上でぜひとも理解しておくべき基本を解説します。お金を借りる上で役立つようにまとめていますのでぜひご一読ください。

 

  1. お金を借りる時にかかる金利の仕組み
    お金を借りるというのは無料で借りれるわけではありません。当然料金がかかります。これが「金利」です。金利○%というように表示されますが、まずはこの仕組みを理解しましょう。金利はお金を借りる時にかかる料金(コスト)です。
  2. 良い借金と悪い借金の違い
    借金は全部「悪」と思っている方がいるかもしれません。しかしながら、借金には良い借金と悪い借金があります。ここではパターン別に良い借金と悪い借金について解説していきます。あなたの借り入れはどうでしょうか?
    >>月々の生活費に困って行う借入・ローンは最悪のパターン
    >>高所得者と借金。収入が大きければ安定するわけではない
    >>余裕のない住宅ローン返済プラン。夢のマイホームが悪夢に

  3. お金を借りる時の金利の上限
    お金を借りる時の金利は「利息制限法」という法律によって上限が定められています。この上限を超えた金利については違法となります。ここでは、お金を借りる時に知っておきたい金利の上限について説明していきます。
  4. 借りたお金の返済方法の種類と特徴
    借りたお金は当然「返済」しなければなりません。この返済方法には大きく「一括返済」「分割返済」「リボ返済」という方法があります。これらの返済方法によって支払うべき利息や返済金額は変わってきます。
  5. 借金の借り換えとその効果
    借金において「借り換え(かりかえ)」という方法があります。これは借金を別の借金で返済するというものです。借り換えをすることで金利を下げることができれば月々の返済額や総負担額を軽減することができます。
  6. 借金の時の「担保とは」
    借金やローンを組む時に「担保(たんぽ)」を求められることがあります。担保というのは債務者(借りた人)がお金を貸せない時に備えて受け取る保証となる財の一つです。ここでは、担保と借金について説明していきます。
  7. 保証人と連帯保証人の違い。それぞれの特徴、役割、義務
    お金を借りる時には「保証人」や「連帯保証人」などを求められることが多々あります。こうした保証人、連帯保証人とはどのようなもので、どんな役割や義務を担うことになるのかを説明していきます。
  8. 多重債務に陥らないために
    多重債務というのは複数の金融機関から借金をしている状態。借金のための借金をするケースなどを指します。誰しも最初は自分が多重債務者になるなど考えていないはずです。そうならないためにはどうするべきなのかを説明していきます。
  9. 借用書の書き方
    借用書は金銭等を借りたことを証明する証書です。お金の貸し借りは口頭でも成立しますが後々のトラブルをなくすためにも借りる時(貸す時)に作っておくべきです。
  10. 家計の赤字を解消するための家計改善テクニックのまとめ
    家計の赤字(フリーキャッシュフロー赤字)を解消するためには家計の抜本的な改善が必要です。改善することで借金の必要が無くすることもできるかもしれませんし、将来にわたってリスクを小さくすることだってできます。

 

借金から脱却するためのアドバイス

すでに借金をしている、または家計が苦しく借金に頼らざるを得ないという方に向けた借金生活から脱却するためのアドバイスや方法論をまとめます。

 

  1. 借金家庭のための「家計簿」の付け方
    家計の改善を行うためにはまずは現状理解から始まります。一番確実な方法は「家計簿」を付けることでしょう。 ここでは、借入に頼っている家計の家計簿のつけ方をまとめていきます。
  2. 優先的に削っていきたい家計の無駄
    家計改善を実際に行うという場面において、具体的にはどいういった項目を削る(見直す)のが良いのでしょうか?ここでは、家計改善において優先的に対応したい支出項目と見直し方法を説明していきます。

 

お金を借りたい人は知っておくべき借入の基本テクニック

以下はお金を借りたい、将来借りようと考えている方が知っておくべき基本をまとめます。

 

  1. 将来のためにも「返済の約束」はしっかりと守る
    すでに借りている、借りていない方のどちらにも心得て欲しいのが「返済の約束は絶対に守る」ということです。これは金融社会における前提であり、これを破った場合には将来わたってお金に関する信用を失うことになります。
  2. 事前に「融資枠(利用枠)」を確保しておく
    お金を借りなければいけない事態に備えて前もって融資枠を確保しておくというのも一つの手です。必要な時になって急いで手続きしようと思っても間に合わなかったり、悪い条件で借りなければいけないケースもあります。事前に融資枠を抑えておくというのは有効な方法です。
  3. 早期返済はお得。積極的な繰上返済を
    お金を借りたとき、毎月の返済分以上に返済することができます。繰上返済と呼びますが、返済を繰り上げることで将来発生するはずだった利息(利子)を減らすことができます。特に高金利で借りているローンほど早期返済はお得です。

 

 

スポンサーリンク